『28の鉄則その(22)』 絶対にやってはいけない両建て。

保有している銘柄がなかなか上がらないなぁ~。

業績もそこそこ問題無いみたいニャが、同じセクター(業種)であまり良くないニュースが出ていたのが原因のようだニャ。

ということは、同じ業種の別銘柄を空売りしたら、片方では儲かるかもしれないってこと!?

その方法、「待った!」だニャ。

(ビクッ!)
(ニャ!)

保有している銘柄で利益が出ないからといって、他の銘柄(あるいは同じ銘柄も含む)で逆のポジションを持って片方で利益を狙う、いわゆる『両建て』という方法ニャが、ギャン理論ではこの手法を厳しく批判しているニャ。
別銘柄での両建ては、確かにうまくいけば含み損となっているポジションの損益と合わせることで、全体的には利益になる、という展開になることも考えられるニャが、せっかくそのつもりで両建てをしたポジションも同時に含み損となったらどうするニャ?

これは大変なことだニャ!

ウム。したがって両建て作戦は、「リスクを最小に押さえる事が、最終的には利益につながる」というギャン理論の神髄に反することになるニャ。『両建て両損』という相場の格言があるニャが、まさにその通り、両建ては損失を拡大させるだけで、両ポジションでうまく利益をあげることは非常に難しいことだニャ。

買った銘柄が外れたと思ったら、素直に損切る方がはるかにダメージは少ないってことね!

『28の鉄則その(21)』 ピラミッティングに適した銘柄選び

ピラミッティング(利乗せ商い)の理論について、前回勉強したニャが、ピラミッティングをする時に適した銘柄があるニャ。

※前回の内容はこちらを参照⇒『ピラミッティング(利益乗せ商い)とは?』

結論から言うと、
・買いのピラミッティングをする時には発行済株式数の少ない銘柄を選ぶ
・売りのピラミッティングをする時には発行済株式数の多い銘柄を選ぶ


ということだニャ。上場企業は株式を発行して資金調達をしているニャが、市場に出回っている株式の総数が発行済株式数だニャ。需要と供給の関係から価値が上がるか下がるかという事を考えた時、供給量が少ない方(⇒発行済株式数が少ない方が)、品薄感があるため上がりやすいといえるニャ。

ただ、株が上がるか下がるかを決定づけるのは、この品薄感だけではなく企業業績や財務状況も関係することは当たり前のことニャ。

逆に、売りのピラミッティングの場合は、供給量が十分にないと、途中で空売り可能な株数が足らなくなるというリスクがあるため、発行済株式数が多い方がいいということになるニャ。

発行済株式数に注目しておけばいいわけね!

ウム。ピラミッティングをする時に重要な事として発行済株式数もそうニャが、やはり一番重要なのは、その銘柄に「明確なトレンドができているか」ということだニャ。上昇トレンドができている場合に、より品薄感が高まることで、上昇に弾みがつくニャ。

理論的に説明するのは簡単ニャが、なかなかピタッと当てはまる銘柄が見つからないのが難しいところニャ・・・

★プロフィール★

子ネコと花嫁による株式取引の明細を綴っています!
彼らのプロフィールをご紹介します♪

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約3年。)
☆得意料理・・・パンケーキ
☆特技・・・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりとどこかへ出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)
スポンサーリンク


ボタニカルラボblogも更新中!
☆ⅠN D E X ☆
カテゴリ
最新記事
リンク
相互リンク募集中
相互リンク・相互RSSしてくださる方随時募集中です★
ブロとも申請

この人とブロともになる

カウンター☆