ゴルコンダって街の名前だったんだ・・・(マグリット展)

昨日は、国立新美術館で開催中の「マグリット展」に行きました♪

20150628 マグリット展

6月末で終わりになるせいか、すごい込み様でした・・・汗

チケットに描かれているのは記事のタイトルになっている絵で、題名は『ゴルコンダ(Golconda)』といいます。

20150628 マグリット展2

『ゴルコンダ』の解説
同じ服装をした男が何人もいて、それは群衆を表している。でもそれは、どこでも男たちを見かける、という意味ではなく、あり得ない場所に男達を配置した。ゴルコンダは魅惑の都市で、富と豪奢の空想の都(ゴルコンダ自体は、14世紀から18世紀にインド南東部のデカン高原に実在した、世界有数のダイヤモンド鉱山があった都市で、ムガル帝国に滅ぼされた)であり、タイトルは何らかの驚異を示している。地上では、空を飛ぶことは一つの驚異である。

ということらしいですが、あまりにもタイトルとイメージが結び付かなくて、理解するのが大変でした・・・。

マグリットの絵は、タイトルと絵が、通常の発送では全く結び付かないようなものばかりで、解説が無いとほぼ理解不能です(笑)

題名 『イメージの裏切り
20150628 マグリット展3

絵の下に、「これはパイプではない」と書かれていますが、自分たちの知識からすれば、これは明らかにパイプです。

この絵はパイプのイメージを描いているだけで、「絵自体はパイプではない」ということらしいです。

理解するのが難しい絵ばかりで、おかげさまで、頭が痛くなりました(笑)

コメント

Secret

No title

こんにちは。
私も芸術は理解できない人間ですが、美術館・博物館の雰囲気は嫌いじゃないです。何となく良い影響がありそうなので(*^^*)

No title

こんにちは!

子ネコさんのブログを読みながら10分くらい考えちゃいましたよ、、こんな世界もあるって初めて知りました~( ´∀`)

凡人からするとパイプは裏切っていませんよね笑

No title

>あんちゃんさん
こんばんは♪
美術館、博物館はなんとも言えない雰囲気ですよね~!
たいていは物静かで、、、。
↑この日は人が居すぎて全く静かじゃありませんでしたが!(笑)

No title

>しゅうGさん
こんばんは(*´ω`*)
10分も考えてくれちゃいましたか(^◇^)
不思議、ほんと不思議ですよね~。
モノと名前の関係なんてこんなもの、という気持ちにさせてくれます。
THEシュール 、 です( *´艸`)

★プロフィール★

子ネコと花嫁による株式取引の明細を綴っています!
彼らのプロフィールをご紹介します♪

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約2年。)
☆得意料理・・・パンケーキ
☆特技・・・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりとどこかへ出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)
スポンサーリンク


ボタニカルラボblogも更新中!
☆ⅠN D E X ☆
カテゴリ
最新記事
リンク
相互リンク募集中
相互リンク・相互RSSしてくださる方随時募集中です★
ブロとも申請

この人とブロともになる

カウンター☆