ルーブル美術館の作品集(その5)

リシュリュー翼の3階は15世紀以降のオランダ、ドイツ、フランドル地方の作品を中心に展示してあるわ。中でも『ルーベンスの部屋』にある24枚の連作が有名ね。


【リシュリュー翼(Richelieu) 3階部分】


●作品No.19 『マリー・ド・メディシスの生涯』(ピーテル・パウル・ルーベンス)
 リュクサンブール宮殿の装飾のため、皇太后マリー・ド・メディシス(ルイ13世の母)の生涯を壁画にするという依頼を受けて、完成させた作品よ。マリー・ド・メディシスの誕生から結婚、王室での日々を、神話の世界になぞらえて表現しているのよ。


20150315 ルーブル美術館リシュリュー翼3階1.png


女の子この連作を見る上で、主人公マリー・ド・メディシスのことを知っておかないといけないわね!
マリーちゃんのことじゃないのニャ??


『マリー・ド・メディシスについて』
フランス国王アンリ4世の2番目の王妃で、ルイ13世の母。イタリア・フィレンツェの名門メディチ家に生まれた。1600年、彼女が27歳の時に、アンリ4世に見初められフランス王室に嫁いだ。翌年1601年、世継ぎとなるルイ13世を出産し、王宮での立場は一気に向上したが、1610年、アンリ4世が暗殺されたことにより、息子ルイ13世の摂政として重責を担うこととなった。ただ、アンリ4世時代には国内のカトリックとプロテスタントの融和が図られていたが、マリーはカトリックをあからさまに擁護し、これが次第に有力貴族たちの不満を募らせる結果となった。そんな中、有能なリシュリュー枢機卿が政治の舞台に登場し、彼を自らの支持者として引き込もうとしたが失敗、1631年にはフランスを追放され、ブリュッセルに亡命する。1642年、ケルンで没した。






ルーベンスといえば、「フランダースの犬」の最後で、ネロとパトラッシュが見たかった絵を描いた人ニャ。
みんな気になった作品を一つずつ紹介してみたらどう?
女の子そうね。いろんな絵があって見ドコロが満載だから面白そうね!






気になった作品『アンリ4世とマリー・ド・メディシスのリヨンでの対面』
20150315 ルーブル美術館リシュリュー翼3階2.png 
ライオンが車を引っ張ってるのが面白いニャ。
これは、王妃マリーがリヨンに到着して、アンリ4世と対面している場面ね。アンリ4世を全能の神ユピテルに、マリーをその妻ユノーにたとえて描いてるの。下に描かれてるライオンは、街の名前「Lyon」にちなんだものなのよ。
それにしても、ルーベンスの絵は色遣いが本当にあざやかで迫力があるニャ。






気になった作品『摂生制度』
20150315 ルーブル美術館リシュリュー翼3階3.png
これ何してるところか気になったニャ。兵士とかがいる中に、子供が一人いるのがなんか意味あり気なのニャ。
これはドイツとの戦争に旅立つ直前の様子ね。王妃マリーがアンリ4世から金百合の珠を受け取っているのは、王が不在の時の全権を、幼きルイ13世に代わり、王妃マリーが担うことを表しているのよ。摂政制度をとっていたことを象徴する一枚ね。










気になった作品『ユーリッヒでの勝利』
20150315 ルーブル美術館リシュリュー翼3階4.png
ドイツ領ユーリッヒを占領した時の絵かにゃ。
女の子遠くに町が描かれているわね。あそこを占領したのかしら?
1610年、ユーリッヒ(ユリエール)での戦いで勝利したフランス軍はをたたえる作品ね。王妃は勝利の女神から冠を授かり、その横では名声の神ファーマがラッパを吹いて勝利を伝えているわ。








女の子気になった作品『マリーの教育』
20150315 ルーブル美術館リシュリュー翼3階5.png
女の子知恵の女神ミネルヴァによって王妃マリーが教育を受けている場面ね。左の方で楽器を弾いているのは太陽神アポロンで、頭上にいるのは旅の神ヘルメス。三人の女神に、美を授けるよう伝授してるわ。
神様から直接勉強を教えてもらえるなんて。豪華な家庭教師だニャ。




ルーベンスの部屋を後にして、ドゥノン翼へ移動します。

(ヒソヒソ)ねぇねぇカール、さっきのマリー・ド・・なんとかさんて、マリーちゃんのこと??
ちがうニャ。え゛!さっきの説明をもう一度・・・・・ぼー

コメント

Secret

★プロフィール★

子ネコと花嫁による株式取引の明細を綴っています!
彼らのプロフィールをご紹介します♪

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約2年。)
☆得意料理・・・パンケーキ
☆特技・・・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりとどこかへ出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)
スポンサーリンク


ボタニカルラボblogも更新中!
☆ⅠN D E X ☆
カテゴリ
最新記事
リンク
相互リンク募集中
相互リンク・相互RSSしてくださる方随時募集中です★
ブロとも申請

この人とブロともになる

カウンター☆