『28の鉄則その(5)』 相場の流れに逆らうな!(トレンドラインの使い方)

なかなか利益にならない銘柄があるんだけど、今日さらに大きく下がってしまったの・・・
でも!下がったことである意味買い増しのチャンスね

確かに、下がったところで買い増しをしたら、買い平均単価が下がって、損益の分岐点が下がってくるニャ。
でも気をつけるニャ! その相場、既に下落の流れに入ってしまっている可能性があり、「反発したところで逃げよう」なんて考えてるうちに、目標地点まで戻らないことが結構あるニャ! 怖いニャ! 怖いニャ!
(ん?なんかいま稲川淳二の気配が・・・?気のせいか。。)

相場の流れのことを『トレンド』というにゃ。相場が上昇のトレンドになっているか下落のトレンドになっているか、はたまた横ばいのトレンドなのか見極めることが大切ニャ。そうすることで、流れに逆らわない売買ができるにゃ。

★上昇トレンドラインの引き方
①まず、チャート上の安値を探す。
②その安値の後上昇し、最初に付けた高値から反落した安値(押し目)を探す。
③押し目が、スタート地点の安値を下回っていないことを確認する
スタート地点と押し目を結んだ線が上昇トレンドラインです。
上昇トレンドライン


★下落トレンドラインの引き方
①まず、チャート上の高値を探す。
②その高値の後下落し、最初に付けた安値から反発した高値(戻り高値)を探す。
③戻り高値が、スタート地点の高値を上回っていないことを確認する
スタート地点と戻り高値を結んだ線が下落トレンドラインです。
下落トレンドライン

★トレンドラインを引く時のポイント★
厳密にいうと安値のすぐ後のローソク足をみて、「下げ止まった?→上昇トレンド」ということもできるかもしれないけど、相場の大まかな流れを掴むことが目的なので、なるべく長い足(最低でも1カ月程度)を見たうえで、トレンドが出来上がっているかを見たほうがいいにゃ。
日にちの長いチャートでトレンドが形成されているほうが、そのトレンド自体の信頼性が高くなり、上昇局面では下値サポート、下落局面では上値抵抗(レジスタンス)として機能しやすくなるにゃ。

他の『W.D.ギャンの28の鉄則』はこちらニャ

コメント

Secret

★プロフィール★

子ネコと花嫁による株式取引の明細を綴っています!
彼らのプロフィールをご紹介します♪

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約3年。)
☆得意料理・・・パンケーキ
☆特技・・・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりとどこかへ出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)
スポンサーリンク


ボタニカルラボblogも更新中!
☆ⅠN D E X ☆
カテゴリ
最新記事
リンク
相互リンク募集中
相互リンク・相互RSSしてくださる方随時募集中です★
ブロとも申請

この人とブロともになる

カウンター☆